函館の地元民が日常で食べた美味しいものの記録

この七月で、函館市民になって二年目となりました。

子ども時代から毎年のように函館に来ていましたが、

いざ市民となるとこの街への愛着もいっそう強くなります。

函館には美味しいものがありすぎて、

お金に糸目をつけなければ世界中のセレブでも出来ないほどの美食三昧が可能な街ですが

私は食費はあまり使わず生活したいので9割以上が自炊です。

 

そんな自炊三昧のなかでも、ちょっと外食したり 実家へのお土産で購入した

「函館の美味しいもの」をご紹介します。

 


 

1・ラッキーピエロのアイスコーヒーとシルクソフト

アイスコーヒーが600mlくらいある気がします。

通常サイズでこの大きさ、いつも飲みきれないラッキーピエロのアイスコーヒー。しっかりした味わいでコスパも素晴らしいです。

夏場はシルクソフトを頼むことが多いのですが、パフェ類も美味しいです。

パフェ類も、ラッキーピエロらしくボリュームがすごいです。

 

 

2・パーラー・フタバヤのハンバーグセット

函館で生まれ育った方に「好きなハンバーグは?」と訊くとよく名前がでるパーラー・フタバヤのハンバーグ。今まで食べたことがなかったので、緊急事態宣言が明けたタイミングでチャレンジしてきました。

甘めのソースが懐かしい味わいで、ボリュームも素晴らしかったです。北海道では色々な料理が甘い味付けです。ポテサラ、から揚げ、麺類、赤飯など。

北海道で甘いお惣菜や洋食を楽しんでみてください。

 

3・カフェ・ドリップドロップのコーヒーや紅茶+軽食

ここの豆を知ったらほかでコーヒーが飲めなくなる・・というのは言い過ぎかもしれませんが

コーヒーはもちろん、紅茶やほかのドリンクも美味しいカフェです。私は外で事務作業をしたいときにお世話になることが多いです。開放的な「函館地域交流まちづくりセンター」の館内にあり、フリーwifi完備でとても助かります。

 

4・Jazz spot Leafのナポリタンとドリンク

カレーもからあげも最高に美味しいお店です。

でも、ランチ店ではなくジャズバー・ジャズ喫茶なので音響がとにかく素晴らしい。これだけ硬派な雰囲気のジャズ喫茶でフードがこんなに美味しいってどういうこと?といつも思います。ナポリタンは、マスターがかなりの時間をかけて試行錯誤した逸品だけあり最高です。

見た目も最高。

 

5・シエスタ函館・農家の息子のお弁当

本町の無印良品が入っている商業施設「シエスタ函館」の地下にあるデリ、「農家の息子」のお弁当は、値段が倍でもいいのでは?と思うほどボリュームがあって美味しいです。

基本的に、これだけ美味しいものにあふれ、住民の舌がこえている函館という街では美味しくないものに出会うほうが難しいのですが このお弁当は今まで食べたお弁当の中で3本の指に入るかもしれません。

 

6・五勝手屋のようかん

誕生日に頂きました。押し出すタイプの容器が楽しいようかんです。お土産に迷ったらこれを買っておくとほぼ間違いないと思います。正統派の美味しいようかんです。

 

7・プティメルヴィーユのケーキ

新鮮なフルーツや乳製品をふんだんに使ったケーキが素晴らしいお菓子屋さんです。

店名はフランス語で「ささやかな感動」という意味だそう。

誕生日やお土産に、プティメルヴィーユの新鮮なケーキはとても喜ばれます。

 


 

コロナ禍で外食を控えている我が家ですが、こちらに掲載したのはしっかり対策をされているお店ばかりなので

混雑時間をさけてお世話になっています。

プロの作った「美味しいもの」はパワーをくれます。

函館は美味しいものばかりです。

 

世界中の旅人たちが安心して函館グルメを堪能できる日が

はやく来ますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です