『水筆ペン』でカンタンお手軽に水彩画~お絵かきの幅がぐんと広がる&バレットジャーナルに描いてみた

水彩絵の具って、色もきれいだし にじみやボカシなどもできるし、

なにより味わいある絵が描けるのが魅力ですよね。

 

だけど、水をくんだり、筆を洗ったり、よごれた水を換えたり・・・と

手間がかかる画材であることも事実

 

だけど、コレを使うとその手間が一気になくなり

いつでもどこでも、描きたいときに水彩絵の具を楽しむ ことができます。

ソレが、こちら。

呉竹フィス 水筆ペン 丸筆!!

 

 

画材を扱っている文房具店などで手に入ります。

お値段は だいたい400円前後

今日は、この水筆ペンを使って

さいきん私がハマりだした手帳「バレットジャーナル」

イラストを描いてみようと思います。

(バレットジャーナルについてはこちら↓をご参照ください。)

 

はじめました。手帳術~バレットジャーナル/ブレットジャーナル 手書きの楽しさを再確認

 

********************

まず、水筆ペンのキャップをとります。

ふつうの筆ペンの、インクが入っていない状態という感じです。

 

 

さらに、筆のついているヘッド部分もくるくる回して外します。

 

 

今回、水筆ペンと水彩絵の具でペイントする手帳はこちら。

 

 

中のノートは、LIFEのノーブルノート(無罫)。

水彩絵の具で裏写りしないか心配です・・・

 

 

********************

 

水彩絵の具のパレットを開いて

とりあえず描いてみましょう!

 

 

念のため、ノートに したじきを挟みます。

 

 

筆ペンのヘッドをはずし 水筆ペンの先端を 水につけます。

 

そしてスポイトのように本体をギュッと押しながら、水を本体に吸い込ませます。

 

 

水が半分くらい入ったら、筆ペン部分をとりつけます。

 

 

水筆ペンの本体を押すと、筆先から水が出てきます。

その水を パレットに出ている絵の具となじませます。

 

 

このように 絵の具が筆につきました。

 

 

いよいよノートに描いていきます。

筆ペンを使うのと同じ要領で・・・

 

 

筆先の水がたっぷりすぎると描きづらいので、

水が多い場合は布でふきとります。

 

 

どんどん描いていきます。

 

 

筆ペンのような描きごこちながら、

水彩画ならではのにじみやボカシ、グラデーションが描けます!

 

 

 

 

 

気持ちよく、どんどん描けます。

 

ちなみに、使う色を変える場合には、

このように筆先から水をだしつつ、布でふき取る

と、きれいな筆先が復活します!

 

つまり、いちいち 筆を洗わなくてもいい!!

 

 

描き終えたら、ヘッドである筆先を外して

中の水を捨てます・。

 

 

バレットジャーナルにワンポイントのイラストが完成しました!!

 

 

シンパイだった裏へのにじみも見られません。

大丈夫でした!!

 

 

そのあと、こんなページも描きました。

 

 

3種類のブラウン系を使って描いています^^

 

本日 使用した画材はクサカベのアーティストウォーターカラー。

イラストにぴったりな、使いやすい中間色がそろっています^^

 

 

『水筆ペン』を使えば、カンタンお手軽に水彩画を描くことが出来ますね!

筆を洗う必要がないので、コレ1本と絵の具さえ持っていけば

どこでも水彩画を描くことができます^^

 

水彩絵の具をお持ちのかた、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です