描き方・水彩絵の具一色とペン一本で描くマリリン・モンロー肖像画・塗り方コツ解説

12 7月 2019

 

管理人が大好きなマリリン・モンローの描き方です。水彩絵の具一色とペン一本で描く方法を解説します。

 

*******************

 

使用したのは

  1. 鉛筆(シャープペンシル)
  2. 青の水彩絵の具
  3. 青のボールペン

の3アイテムです。

手帳へのお絵かきなので、出来るだけ道具はシンプルに。

さらっとしたお絵かきを目指します。

 

********************

 

 

まずは、鉛筆(シャープペンシル)で下描きをします。

 

 

青の水彩絵の具で、影の部分を塗ります。

今回、絵の具はこの一色しか使わないので

ベタ塗りにならないよう陰影に気をつけて塗って行きます。

 

 

こんな感じに塗れました。

 

 

ここから、青のボールペンでアクセントをつけていきます。

今回は、ユニボール・シグノのブルーブラック(0.38極細)を使用します。

 




 

 

こんな感じで、特に暗いところを重点的に描きこんでいきます。

 

 

バランスをみながら描きこんでいって、こんな感じになりました。

 

 

ちょっと離れて全体を見てみます。

なんだか、ペンの線で全体がカタい感じに見えてしまいます。

もうちょっと手を入れてみましょう。

 

 

ペンの上から、再び さきほどの絵の具で塗り足していきます。

 

 

全体をソフトにして、背景も塗りました。

これで完成としました。

 

********************

 

このバレット・ジャーナルは、絵の練習にも使いたかったので

無地のノートを選びました。

 

身近にある道具で、いつでもスケッチが出来るのが魅力ですね^^

 

 

日本の画材メーカー・ホルべインの水彩セットは、水筆ペンのほかすぐに始められる画材がセットになっています。
良質な国産メーカーの製品は、バラバラで買うよりセットがお得ですね。