連載まんが「はこっ子日記」第2話

 

 


第2話「はこっ子の恩返し」

 

はこっ子は今日もいっしょうけんめい泣いています。

まだいろんなことが出来ないので、泣いてパパとママにつたえています。

おなかがすいたよ。ねむたいよ。たいくつだよ。

ほにゃらほにゃら泣いてつたえると、パパとママがいっしょうけんめいお世話をしてくれます。

 

 

 

パパはいいます。「ぼくたちもこんなふうに育ったんだね」

ママはいいます。「わたしたちのお父さんとお母さんも大変だったのね」

 

ある日、はこっ子をだっこしたパパとママがお散歩をしていると

近所の奥さんが話しかけてきました。

「かわいい赤ちゃんね」

 

奥さんはパパとママに言いました。

「赤ちゃんはね、3歳までに一生ぶんの恩返しをするのよ」

パパとママはびっくりしてききました。

「一生ぶんですか?」

 

 

 

「赤ちゃんは生まれてから3歳まで、可愛いところをぜんぶ見せてくれるでしょう?

それが育ててくれる親への恩返しなのよ」

 

パパとママは思わずはこっ子の顔を見ました。

はこっ子は、可愛いほっぺをゆらしてきょとんとしています。

 

「3歳までに一生ぶんの恩返し。そうかもしれないね」

「私たちも、育ててもらった恩返しは

もうできていたのかしら」

 

はこっ子は今日も、いっしょうけんめいに泣いて

パパとママは「恩返しだね」と笑いながらお世話をするのでした。

 

 


第1話はこちらです。

連載まんが「はこっ子日記」第1話

 

 

 

 

Follow me!

連載まんが「はこっ子日記」第2話” に対して2件のコメントがあります。

  1. あ〜あ より:

    3歳迄が良いですよね
    思いっきり我儘言えるのはその辺りでしょうし
    家派指車ぶりに苦労しました(笑)

    1. ツキムラ より:

      あ~あさん、そうなんですね^^!
      先輩方の話はほんとうに勉強になります。
      これからどんなふうに成長していくのか楽しみです☺!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です