第2回髙橋豊美 水彩画展(2019)@いしい画廊(函館)を見てきました。

 

髙橋豊美さんの水彩画展を見てきました。こまやかなタッチで描かれた作品たちでした。

細い筆先で打たれた一点一点の色彩が どれもしっかり立っていて

画面のどこにも 都合のいい描き方はなくて

一点一点の筆跡を追いかけるように見ているうちに、「絵っていいなあ」とつぶやいていました。

 

 

こういう、作品のために打たれた点、そして その点が集結した作品を前にすると

私は 自分自身のアクの強さや、気持ちの歪みに気付くことができます。

幼い頃から絵が好きで、数十年 描き続けてきたけれど

ちょっと油断すると、絵が好きだった自分なのに

自分のために絵を描こうとしてしまう・・という歪みが生じてきます。

この歪みに気付かせてくれるのは、いつも

気持ちがあらわれるような作品そして作家さんとの出会いでした。

 

髙橋豊美さんの第2回水彩画展は、本日が最終日でした。

作家さんご本人とお話しできたことも、とても嬉しかったです。

「絵っていいなあ」と思わず口にしてから、

もう一度 会場を一めぐりしました。

とてもいい1日でした。ありがとうございました。