人柄が見えるからこそ、ブログやSNSは面白い。

 

2009年秋、私はそれまでの仕事をやめて、絵と漫画で独立しようと決めました。

それまでに漫画賞で頂いた賞金を元手にして 1人で営業を始めて、2010年に初めての連載漫画のお仕事を頂きました。

ツテもなければ業界への人脈もなかった私の営業を助けてくれたのが、SNSやブログでした。

これまでに頂いたお仕事の中で、「SNSやブログを介していない」お仕事はほぼ無かったと思います。

 

また 北海道に来てから絵画教室を開いたときにも、既に運営していたSNSやブログのおかげでベースが整いました。

ですから、1人でお仕事を始めようとしている人にとって SNSやブログはとても頼れるツールだと思います。

 

**************************************************************

 

個人で仕事をしていると、すべての連絡や交渉事など 自分1人で対応することになります。

上司や責任者がいるわけでもないので、誰かに判断をあおぐことはできません。

そういう時、私が一番気になるのは、「相手がどんな人か」ということです。

それも、経歴や人脈ではなくて、人柄が気になります。

やっぱり 人柄があたたかい方なら いいお仕事をされていると思うからです。

そんな時に、たとえば 相手方の企業がウェブサイトをもっていれば そちらを拝見します。

ウェブ制作のプロが作ったサイトだとしても、ウェブサイト等のPR媒体には その企業の人柄が見えるものです。

スタッフブログやSNS等があると、もっとわかりやすいですよね。

 

そして これらは、すべて自分自身にもあてはまります。

なので、私はこのブログもそうですし、SNSや教室のウェブサイトでもそうですが

「人柄が見られている」という思いをいつも抱いています。

たとえ格好をつけても、良い人を演じても、ウソをついても

何かを発信するということは それらぜんぶが表れてしまうものです。

 

だからこそ、たとえ拙くても 自分が本当に思うこと、考えていること、関心のあることを発信しています

こうしたブログやSNSの延長線上にある出会いから、これまでに たくさんの喜びをいただいてきました。

人柄がみえるツールだからこそ、ブログやSNSは面白く、

また頼りになる媒体だと思います。