映画「スラムドッグ$ミリオネア」を観ました。ダニー・ボイル監督によるインド(的)映画

 

1990年代に青春を送った管理人にとって「トレインスポッティング」(1996)は衝撃を受けたイギリス映画のひとつです。

 

 

ユアン・マクレガーが重要な「狂いどころ」を演じている映画の中でも

「トレインスポッティング」と「ベルベット・ゴールドマイン」は繰り返し観た映画です。

 

イギリスの映画監督で管理人がとくに好きなのは

ドット・へインズとダニー・ボイルなんですが

DVDを購入したままずっと観ないでいた

ダニーボイル監督映画「スラムドッグ$ミリオネア」をやっと観ました。

 

 

観る前は、インドのスラム街で育った少年が

なにがしかの超人的能力を身に着けていた・・という話だと思ったのです。

でも、そうではなかった。

執念につぐ執念、生きることへのまっすぐさ、そしてまっすぐ生きているゆえの「運」が映画全編をとおして伝わってくる映画でした。

「運」ってすごく重要なことで、

まっすぐ生きているゆえの「運の強さ」をもつ人には

映画ではなく日常の中でも 出会うことができます。

そういった運の存在をあらためて思い出させてくれた作品でした。

超おすすめです。