アトピーが悪化した原因の化粧品をやめて|つけない美容で改善しました

夏場など、アトピー等の皮膚症状に悩む方に向けての記事です。

 

私は子ども時代から30代半ばまでアトピー性皮膚炎のため苦労しました。

20代後半~30代で、何回かにわたり脱ステロイドを試みました。

30代の2年間、徹底した脱ステロイド生活を経て 現在、大きなアトピーの症状に悩まされることはなくなりました(現在は季節の変わり目に少し出る程度です)。

しかしながら、脱ステロイドは本当に大変だったため、人に勧めようとは思いません。

 

この記事では、生活の中でアトピーの症状緩和に効果があった

化粧品などを「つけない美容」について書いていきます。

 

 


 

アトピーが悪化したのは市販の化粧品類を使うようになってから

私は子どもの頃からアトピーもちで、特に汗ばむ夏場は手足などに症状が出ていました。

子どもの頃は、生活に支障が出るほどの症状ではありませんでしたが

中学校になり制服の生活が始まると、通気性のわるい衣服で一日中過ごすことになりアトピーが悪化。

 

さらに、年頃になって 実家で使っていた石鹸シャンプーではなく、

自分の小遣いで流行りのシャンプー類や化粧品類を買って使うようになってからは

年中アトピーの症状が出ている状態になってしまいました。

 


 

どうにもならなくなった20代後半から30代半ば

それでも、体力のあった20代はなんとか病院から処方される薬で乗り切っていましたが

20代後半になり、多忙を極めた時期に、生活が乱れてアトピーの症状が悪化しました。

とてもここには書けないくらいの状態となり、もう生きていけないかも・・とまで思いました。

病院にかけこみ、かなり強い薬を処方されて、

フラフラになりながら当時掛け持ちしていた仕事を辞める手続きをしたのを覚えています。(当時は漫画の仕事と並行して別の仕事をしていました)。

 

子どもの頃から20代まではずっとステロイド剤を使っていたのですが、

ステロイド剤をどんどん強いものにしていくと、慣れてしまうのか効かなくなってきて

自然療法とか、脱ステロイド剤とか、色んな情報をかき集めてみるようになりました。

 


 

アトピー症状の緩和に効果があったのは2つだけでした

巷にはアトピーが治るとうたっている様々な商品や療法が存在します。

私も、ワラにもすがる思いで色々と試してみました。

 

「これを飲めば治る」、とか、「これをつければ治る」、という商品は

それで改善した人もいるかもしれませんが 万人に効くわけではないと思います。

 

結局、私が効果ありと感じた方法は

・ストレスを緩和する(ストレスの原因から離れる)こと

・余計なものをつけない(摂取しない)こと

の2つでした。

 


 

ストレスを緩和する(ストレスの原因から離れる)こと

人によってさまざまなストレスを抱えていると思います。

私の場合は、仕事が多忙で休息の時間が少なかったことや、対人関係の悩みが大きなストレス源でした。

それまで生活費のために仕事を掛け持ちしていましたが、アトピーの症状が悪化し「生きていけないかも」と思ってからは、

命より大事なものはないと思い切って仕事を辞め、治療に専念しました。

その時は完治まではいかなかったのですが、自分に向き合う時間が持てたのはとても大きく その後の症状改善に向けたステップとなりました。

 

対人関係についても同じで、どんなに近しい人であっても命のほうが大切です。

「ストレスになるなら関わらない」、という選択が一番かなと思います。

 


 

余計なものをつけない(摂取しない)こと

私の場合は、高校時代に流行ったルーズソックスをとめる「ソックス用のり」もアトピー症状を悪化させていました。

また、ドラッグストアなどで化粧品を試す際に手の甲につけて色味をみたりしていたのですが

そのいつも化粧品をつける手の甲の部分も症状が強く出ていました。

そういった「本来肌につけなくてよいもの」をつけたり、肌質や髪質を変えるような強い効果のある化粧品類

アトピーの症状を悪化させていることに気づいたので それらをつけない生活に切り替えました。

 

また、肌質改善をうたった漢方薬を一時飲んでいたのですが

その間に、強力すぎたのか症状がほんとうに大きく広がってしまい大変な思いをしました。

体質に合った人もいると思いますが、自分に合うかどうか、が一番大事なことだと思います。

結局、服用する薬もすべてゼロにしました。

 


 

つけない美容について書いたブログ記事

 

このブログには、アトピーなど肌の症状に悩み続けた私が書いた記事がいくつかあります。

その中で「つけない美容」を実践したルポが以下になります。ぜひ、ご覧ください。

 

スキンケアはワセリンのみで10年ほど過ごしてみた結果

 

ノーファンデーションにはベビーパウダーがオススメ|肌に優しいパウダーメイクとは。

 

現在は、肌の負担にならない程度のメイクアップを楽しんでいます。

基本的に、ベースはパウダーのみで基礎化粧品は一切使わない。

お湯と石鹸で落ちるもののみを使っています。

夏場は、水で顔を洗っても気にならない程度の薄いメイクですが

気分が上がるので、お出かけの際にはメイクをするようにしています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です