もし北海道移住していなかったら?横浜1人暮らしの妄想

2011年に横浜から単身北海道に移住してきた私ですが、

「もしあのときに移住していなかったらこんな生活をしているだろうな」、っていう妄想で1日を綴ってみます。

ちなみに住んでいたのは、みなとみらい等のお洒落な横浜ではなく

横浜線でも町田に近い、山のほうの住宅街です。

 


 

2021年2月14日

今日はお休みなので、張り切って朝6時に起床して徒歩15分ほどの遊水地へ行き周囲を歩く。

ショッピングセンターで「朝市」をやっている。焼き立ての「十字街」のパンなどがならんでいるのを素通りできずバターロールとレーズンパンを買う。

自宅へ戻り、CDプレイヤーでMIKAのアルバムを聴きながらパソコンを開いてメールチェックやSNS巡回をして

牛乳と果物、さっき買ってきたパンで朝食。

 

なぜだか化粧ポーチはついつい集めてしまって、もう20個以上持っているのに新しいのが欲しくなる。

バレンタインだし、たまには無意味な散財をしよう!と思い立ち、東京の中央線へ買い物に行くことにする。こうして道楽にちょこちょこお金を使うので大きな買い物ができない。

頂きもののコスメは普段使わずにしまってあるので、お出かけの日にはここぞと使って身支度をする。

 

東急田園都市線で渋谷へ行き、渋谷から新宿経由で高円寺へ。

高円寺駅のホームから階段を下りる瞬間が好き。魅力的な人たちが魅力的な職業で暮らしている街、高円寺。

海外旅行とかは特に惹かれないけど高円寺に一週間くらい寝泊まりしてみたいなと思う。

 

2009年に高円寺で個展をした際にお世話になったギャラリーへお邪魔してオーナーさんと立ち話をしてから

作品委託をしているボックスショップへ。

国内外の色んな作家さんが店内のボックスを借りる形で作品販売をしている。

以前から気になっていたデンマーク在住の手芸作家さんのポーチが目に留まる。すべて手縫いで作られていて、珍しい素材やハギレを可愛らしくパッチワークして仕上げられた一点もの。

予算よりお高めだったけれど思い切って購入する。

 

午後二時を過ぎてしまい、気付いたら空腹で倒れそうになっている。

急きょカロリー摂取のため、高円寺ルック商店街にある手作りクレープのお店でチョコバナナを。

このお店は年に3回くらいしか入らないのだけど、スタンプカードが可愛いのでいつも財布に入れて持ち歩いている。

 

人心地ついたところで中央線に乗り込み、中野へ。

学生時代から数えきれないほど来ている街、中野。思わぬ掘り出し物の古書に出会うことが多いので、

今日は予算を決めてから本陣の中野ブロードウェイへ乗り込む。

 


 

・・・・・といった感じで

もし北海道に移住してなかったら、ずっと一人暮らしで好きなように暮らしていたに違いない私の生活を綴ってみました。

移住していなければ 結婚も出産もしていなかったし教室もやっていなかったでしょう。

きっとフリーランスのまま、仕事を3つくらいかけもちしつつ 気ままに暮らしていたと思います。

そっちのほうがリアルなんじゃないかと、今でも思うくらいです。

 

ぜんせんまとまらない内容ですが、ハッピーバレンタイン。良い一日になりますように♡

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です