【令和函館はプロレスとアートがくる】管理人の予言って微妙に当たるかもしれない説。

 

とりあえず北海道に来てからプロレス観戦に4回行った管理人でしたが・・・

令和の時代、函館の文化振興を担うのは プロレスとアートじゃないかな?

と思ったのでブログ記事を書いておきます。

 

というのも、管理人の予言?というか思いつきが

いつの間にか現実になったことがあったのです。

(ただしスピリチュアルとかでなく、同じ方向性のことは何人もの人が考えているという一例)

 

予言その1

 

昨年大盛況となった道南リング主催の【ジンギスカンプロレス】!

開催は2018年7月でしたが、

2018年3月に管理人がFacebookにてポストした内容がこちら。

 

2018年3月18日

日曜日の昼間、
人っこ1人いない五稜郭ガーデン・
屋根も水回りも電源も照明も、スクリーンも音響も部屋数も広さもある・・

プロレスもイベントも、教室も、何でも出来る空間なんだけどなあ
もったいなさすぎますね


 

そして同年7月16日、

かの道南リング様主催による

第一回ジンギスカンプロレス@五稜郭ガーデンが開催されました。

 

すごく面白そうでした・・・!管理人はお仕事で行けませんでしたが。大盛況だったようです。

 


そして今年2019年、令和元年 7月には

第二回目のジンギスカンプロレスが決定しているそうです!

函館って、食のイベントが豊富な土地だけれど

そこに皆が大好きなプロレスをぶつけてきた道南リングさんのセンス素晴らしい!

今後この団体を見続けていくと 面白いことが沢山あると思います。

 


 

予言その2

 

もう1つ予言しておきますと(言ったもんがち)

函館蔦屋書店と、名古屋みなと蔦屋書店がアーティストを介してコラボをするんじゃないかな!?

 

というのも、名古屋みなと蔦屋書店で

車にペイントを施したアートカー等を展示していた画家の森大地さん と・・・

 

 

函館の蔦屋書店などで作品展開されている画家 滝花保和さん と・・・

 

 

このお二人のコラボとか、シマを交えての展示があったら

とっても面白そうです。

 

森大地さん・滝花保和さん、作品はもちろん

お二人の名前も素敵ではないですか。

森 大地 滝 花 ・・・知の豊かな空間である 蔦屋書店にぴったりです。

 

と、いうようなことをつらつらと考えていた今日の一日でした。

管理人の予言は、かすってもいいので

他地域との文化交流も 楽しくなっていくといいな と思います!