SNSでは課金してフォロワーを増やした結果 損をすることもある。

 

パソコン・スマートフォンなどネットやアプリに繋げて使うツールや、

SNSやブログなどは 今や なくてはならない連絡手段であり、記録媒体です。

発信力=影響力を強めることで、収入に繋がったりもするので

現代社会においては避けて通れない存在になっています。

世界中の個人や企業や組織がTwitterアカウントを持っていて、

日々発信し、受信しています。

 


 

こうなってくると、当然のことながら

効果的な使い方や、フォロワーを増やす方法などのノウハウが生まれて

それをビジネスにしている個人や企業も増えてきています。

今をときめくInstagramも、フォロワーを増やすための有料自動ツールがありますね。

Twitterも、フォロワー数を購入することが出来るサービスが存在します。

 

でも、2~3年くらいSNSを動かしている人ならわかると思うのですが

そういう有料ツールや課金でフォロワーを増やしているアカウントって

動きを見ていると分かってしまうんですよね。

 


 

有料ツールや課金でフォロワーを増やしているアカウントは

自分でお金を支払ってフォロワーを増やしているんだし、

別にずるいことをしているわけでもないのです。

けれども、SNSでは

「フォロワーが多い=周りにとって有益な情報発信をしているアカウント」

という評価基準があるために

その基準に則さないけれどフォロワーが多い、という点で

アカウントそのものの信用度が低くなってしまいます。

そういった面からみると、有料ツールや課金でフォロワーを増やしているアカウントは

お金を支払っているのに、損をしている場合もあるかもしれません。

 


 

実際に、管理人はInstagramやTwitterで、フォロワーを増やすためのツールによって

知らないアカウントから 自動フォローされたり、相互フォローした直後に外されたり・・という体験をしています。

こういう時に感じることは

「このアカウントは、数さえ増えればいいアカウントなんだな」ということです。

と同時に「フォローしてもあまり楽しくはないアカウントなんだな」と感じてしまいます。

それがいいとかわるいとかではありませんが・・・

フォロワーを増やしたい理由って、ファンを増やしたいということだと思うんです。

それなのに、「有料ツールや課金でフォロワーを増やしている」と認識された時点で

ファン見込みの人も遠ざかってしまうのだとしたら・・・

課金したのに、損をする結果になります。

こんなことって・・・むなしいですよね。

 

SNSでは課金してフォロワーを増やした結果 損をすることもある。

ので、やっぱりコツコツと自力で運営していくのが一番だと思う今日この頃でした。