作品を発表するときに

「他人の作品に対して意見を言うこと」は、すべて自分の責任となります。
すべての作品批評は自分自身を省みてから行うべきです。

また他の作品・作者を引き合いに出して、その作品との比較でものを言うのは一見、説得力があるようでいて、実は自身の勉強不足に他なりません。

「他人の褌で相撲をとる」とはまさにこのことです。

両者を比較するだけの理由と背景が揃っているか、よく確かめてから行うべきです。

またプロとアマチュアの比較は、まず意味がありません。

生活の糧として取り組んでいるものと、純粋に喜びのために取り組んでいるものとは背景が違いすぎるため、比較できません。

本来自分の意見を言うことには責任がともないます。勉強と実力と経験、すべてが明るみに出る行為です。

「他者を引き合いに出して否定的な意見を言うこと」は、いちばん簡単で、気持ちよくて、無責任かつ勉強不足であるということ。
これを認識しておくだけで、作品発表の楽しさが数段アップします。
作品を人前に出すには、勇気も気力も必要です。

否定的な意見は意に介さず、のびのびと自分自身の貴重な体験として

多くの人が作品発表を楽しめるといいな、と思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です