秋の旅・その2~理想のシステム手帳を求めて文房具屋めぐり

さて

早朝乗り込んだ北海道新幹線は、無事に東京駅に着きました。

今回の旅は、「生まれ育った町にまた行きたいな」という理由で計画したものでしたが

せっかく横浜・東京に行くのだから

「システム手帳を買おう!仕事をがんばるためにも、理想のシステム手帳を探そう!」

と、意気込んでいました。

まずは東京駅周辺の、あちこちの文房具屋を廻りました。

東京で文房具屋を6軒くらい廻りましたが、しっくりくるものは無く・・


そのあと横浜に移動したら

ありました‼

この中から、理想にピッタリな一冊が見つかりました(*´ω`*)

こちらです。

私のシステム手帳への希望は、

  1. リングは15mm 程度。
  2. パタンと180度開く。
  3. 傷つきにくい革
  4. 重すぎない
  5. 使いこんで味がでるタイプ
  6. ペン差しのベルトなどが手にぶつかりづらいデザイン

・・というものでした。
以下は、この手帳の解説です。
『ヴィンテージ風の味わいが個性的なシステム手帳です。

ノートのようにフラットに開きます。

イタリア、PTM のクラフトマンがひとつひとつハンドメイドいたしました。

ヴィンテージものの風格は使い込むほどに味わい深くなります。

トープ色(やや赤味がかったグレー)は、近年の革製品で流行色となっています。

【上質のカーフスキンに防水加工を施した素材】

素材は上質のカーフスキンです。

革を保護するためにロウを染み込ませてなめし、手揉みした後に

表面に撥水加工(防水コーティング)を施しています。

この貴重な伝統ある職人的製法に忠実なタンナーは、北イタリアのヴェネト州にあります。 州都ヴェネツィアや、ヴェローナが有名です』

・・・・とのことでした。

さっそくリフィルをセットしました。

これからしっかり使っていきます(*^_^*)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です