すっぴんのままでお肌モチモチ、ふっくら真っ白なお顔の80歳のご婦人

あれは12年ほど前。

仕事で訪れた駅前で、美しいご婦人に声をかけられました。

鮮やかな紫色のブラウスに、柔らかい素材のベージュのスカート。

真っ白な銀髪。お年をめしていらっしゃるはずなのに、お顔がびっくりするほど若い

 

もちろん、何らかの技術をほどこして若いのではありません。

顔が若い・・・というより、お肌が若い。驚くほど白くて、モチモチしている。

おもわず触りたくなるような、ふわふわの美肌なんでした。

道をきかれたので、少し立ち止まってお話ししたのですが

あまりにキレイなお肌なので 思い切って聞いてみました。

「とてもキレイなお肌ですね。どんなお手入れをされているのですか?」と!!

その方が教えてくれたお手入れは、こうでした。

・・・ちなみに、その方の御年は80代前半でした(どう見ても60代前半!!)。

 

  • お化粧はしない。何十年も、ファンデーションすら塗っていない。
  • 基礎化粧品も使わない。昔はうぐいすのフンで洗顔をしていたけど、最近はもっぱら石鹸洗いのみ。
  • お友達と、よくファミレスに言っておしゃべりをする。それが楽しみ!

 

えっと・・・。

そんなローケア(というか、ケアをしていない!!)で、ここまでの美肌が!?

80歳を過ぎても、維持できているのか???

 

・・・この衝撃があまりに大きくて、私は一時期このご婦人に教わったとおりの生活をしていました。

けれども、やっぱり化粧水すらつけないというのが不安で不安で。

一か月くらいでやめてしまった記憶があります。(続けていればよかった!)

 

そして10数年の月日が流れて、現在の私。

宇津木式と出会い、その一部を実行するなかで このご婦人のことを思い出しました。

 

あれ?あの方がやっていたのって、宇津木式と同じことだよね?

 

このことに気付いてからは、宇津木式への疑問はあるていど払拭されて

「とにかく続けていけばいいんだ」と確信をもつようになりました。

 

Follow me!