「殺生釘」~謎の多い装飾、鬼瓦につく金物。函館の殺生釘蔵。

函館国際ホテルの向いには 立派な蔵があります。
この蔵は1934年の大火で焼け残った唯一の建造物で、
国内に100戸ほどしか確認されていない「殺生釘」を屋根にかまえた蔵です。

この「殺生釘」、ネットでは、ほとんどの人がその役割や由来を知らず
「なんだこれ??」という感じで写真をアップされているのが見受けられました。

Twitterでも、「殺生釘」で検索ヒットしたのはたった4tweetだけ。
(そのうち2tweetにリンクを貼らせていただきました。)

 

 

 

なんとかいろいろぐぐりながら 殺生釘  までたどりついた
— 紫月(座敷荒らし ) (@siduki) 2012年5月11日

殺生釘がついた鬼瓦は全国に100くらいしか無いそうだ。京都より西には存在してないらしい。明治・大正あたりのじきに作られたもので、詳細は不明。鳥よけとも魔除けや装飾とも言われている。 ってのがわかりますた — 紫月(座敷荒らし ) (@siduki) 2012年5月11日

 

ほんとうに、調べてもなかなか出てこないんですよね・・・。

 

↓のブログ記事が、とてもわかりやすかったのでリンクをはらせていただきました。

 

黒牛が歩くの記 殺生釘

 

********************

ざっくりまとめると、

殺生釘とは 建物の瓦(鬼瓦など)に取り付けられた金属の装飾。目的としては、「魔除け・装飾」「鳥避け対策」「財力誇示」などがあるが、函館の場合は大火が多かったため おそらく「火避け」として取り付けられたものだと考えられている。

形状としては様々なバリエーションがあるようですが、
なんともおもしろい造形です!
函館の蔵の「殺生釘」はこんな感じのようです。

 

 

これが瓦屋根の鬼瓦部分などについているんですね。

 

・・・
・・・あれ?そういえばこの蔵・・・描いたことあったような・・

と、思い出して作品画像をさがしてみたら

********************

「大門の小道」
(ツキムラ作 2013年8月制作 F60号 キャンバス・ミクストメディア)

 

この蔵かしら。要確認です。

 

「殺生釘」。
私ははじめ字を「殺生針」と間違えてしまって・・・。
でも、これを機に調べるキッカケが出来て よかったです。

 

(Facebookなどでコメントをくださった皆さん、ありがとうございました!!)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です