言葉だけでは何も変わらない?言葉を発した自分が変わる。

 

新型コロナウィルス等の影響で、これまでとは変わった日常を送っていると

これまでとは違った考えや発信にぶつかり 立ち止まることがあります。

今まで知らなかったことに日々ぶつかり、そのたびにニュースや記事を読んで書類にあたったり 必要な対策をしたりしているので 一歩進んでは立ち止まるの連続です。

そうして様々な発信に触れるなかで 改めて「言葉って大事だなあ」と感じています。

 

私は昔から会話が苦手だったこともあり 言葉には少し慎重な部分があります。

文章でも発言でも、カッコよさや綺麗さ、鋭さが目立つ言葉は、実は苦手です。

私が好きな言葉は、表面的なものではなくてその人自身がちゃんと発している誠実さが見える言葉です。

その人の言葉=文章が好きという理由で 書籍やブログを読んでいたりします。

その人の文章が読みたくて本やブログを読んでいます。好きな文体・文章・書き手のこと。

 

「ビッグマウス」という言葉は、日本では「大口を叩く」という意味で使われていますが(英語では口が軽い・単に口が大きいという意味)

私には言葉の上で誇張したり恰好をつけたりすることも「ビッグマウス」のように感じられます。

慣れない日常の中で「ビッグマウス」な言葉はとても目立ちます。

その言葉が断定的であったり否定的な内容であればあるほど、「本当にそうだろうか?」といぶかしんでしまいます。

 

 


 

Twitterなど言葉をメインとしたSNSをやっていると、自分が発した言葉をあとから見返すことが増えます。

つい気持ちが高ぶって、誇張表現をしたり キツめの言葉を使ったりしてしまったときは

恥ずかしい気持ちとともに 自分の言葉を客観的に反省することが出来ます。

 

Twitterの様々な発信を見ていると、「言葉だけでは何も変わらない=行動に移さなければ何も変わらない」ということを忘れそうになります。

それくらい、言葉だけで構成された世界には独特のインパクトがあるのですが

ここ数年の中でひとつだけ「言葉によって変わるもの」に気づきました。

それは、言葉を発した自分自身です。

 

たとえTwitterなどの気軽に使えるSNSであっても

荒っぽい言葉を使ったり、その場の感情で言葉を発したりしていると

日常生活でも そういう雑な言葉遣いに近づいてしまうことがありました。

 

「言葉は人なり」と言います。

他者に関してはよく分かりませんが、自分自身にとっては本当にそうだなあと思うので

自分自身を変えてしまう言葉というものと

今はとくに、丁寧に付き合ってゆきたいと思うのでした。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です