ドコモの携帯を15年使っている理由は「安心感」と「接客力」

 

ドコモの携帯を15年使っている理由、格安スマホに乗り換えようとしたけど止めた理由について書いていきます。

*ステマ記事ではなくて個人の感想です

 

「安心感」と「接客力」を提供してくれるドコモ。

管理人が初めて持った携帯はドコモでした。

2000年頃で、その当時使っていた携帯電話はトランシーバーの小型版みたいな形状。アンテナを引っ張って出すタイプです。

途中、数年間PHS(ウィルコム)を使って中断しましたが、
結局ドコモに戻ってきて 10年近くになります。

さいきん出費の見直しで
格安スマホに乗り換えようとして何店舗か見て回ったのですが
結局、ドコモを使い続けることにしました。

理由は、「安心感」と「接客力」です。

 


 

東日本大震災の計画停電でPHS携帯が使えなくなったこと

一時期、管理人はウィルコムという会社のPHSを使っていました。
これはインターネットと合わせて月々3500円くらいという大変お安いプランで
ネットと携帯電話を使うには最高の組み合わせだと思っていました。

しかし、2011年の東日本大震災のときにPHSがまったく繋がらなくなりました。
住んでいた地域で計画停電が続き、停電になるとPHSの電波はゼロ。

携帯電話が使えません。
もちろんネットも繋がりません。
連絡が一番必要なときにその手段がなくなるという体験をしたので
すぐにPHSを解約してドコモに戻りました。
ドコモは、計画停電の際にもしっかり繋がりました。

この「安心感」のためなら
数千円のコストが出てもいい!と思いました。


 

通信費削減のために格安スマホを検討しましたが・・・

今回は、10年ほど使っているドコモから格安スマホに乗り換えたら出費が抑えられるかも?と思い
函館市内にある格安スマホのショップをいくつか回ってみました。

ドコモに不満はまったくありませんが

通信費が今より抑えられるなら乗り換えもありかな?と考えたのでした。

結果、格安スマホへの乗り換えは見おくり、

ドコモを使い続けることにしました。

理由は、ドコモショップの接客が素晴らしかったからです。

 

 

1・待ち時間をしっかり伝えてくれる

格安スマホのお店に行くと、たいていスタッフさんが2名ほどいて

空いている場合は対応してくれます。でも、他のお客さんがいる場合には終わるまで待たなければなりません。いつ終わるか分からないので、自分が対応してもらっている時にも後から来たお客さんはそのへんで待つことになります。これは「早く切り上げなくちゃ」というプレッシャーになります。

ドコモショップへ行くと、案内の方が用件を聞いてくれて

おおよその待ち時間を教えてくれます。

時間まで用事を足しに行くことも出来ますし 長時間かかる場合には

日を改めることも出来ます。

 


 

2・情報開示と説明がていねいでスムーズ

いくつか回った格安スマホのお店では、店員さんの人数が足りないのもあって説明が非常にスピーディーでした。また、一番気になっている料金プランの内容も 印刷物ではなくメモに走り書きされたり、店ごとに内容が異なったりしました。

店員さんも焦っているので、こちらも長く時間をとらせては悪いな・・と思い

十分に理解しないままお店をあとにすることが多かったです。

その点、ドコモショップでは 一人一人にじゅうぶん時間をかけてくれるので

料金プランやこれまでの使い方なども紙に印刷してわかりやすく解説してくれます。

(過去にドコモショップで?な思いをしたこともありますが、そういうのはショップというより個人の問題なので、あまり気にしません。)

 

また、運よくベテランのスタッフさんに対応して頂くと

話の仕方や接客が素晴らしく 本当に勉強になります。

今回がまさにそうだったので、(格安スマホに気持ちが傾いていましたが)

「多少高くても、やっぱり丁寧に対応してくれるドコモを使おう!」と思いなおしました。

 


 

ネットで色々調べると、格安スマホの利点がたくさん出て来るので

管理人も、その流れに乗りたいと思い検討をしていました。

でも、「安心感」「接客力」という 消費者にとって大事な部分

ドコモにしっかりある以上、

今後もしばらく ドコモを使おうと思ったのでした。