法廷画を描かせて頂きました。2018年函館にて一番印象深い絵のお仕事

法廷画。

今年2018年は、貴重なお仕事のご依頼を頂きました。

ある日突然連絡があり

「近日中に法廷画をお願いしたい」とのことでした。

その日のうちに法廷画の描き方や裁判のことなどを調べて、手帳にメモをとり、サンプル画を2枚作成して打ち合わせに臨みました。

 

そして裁判当日。

私は裁判所へ行くのも初めてでした。

報道陣でひしめきあうなか、ご依頼をくださった皆さんの優しいサポートに感謝しつつ

お仕事を終えることが出来ました。

被告が室内に入ってくるとき、顔を見られるのは3~5秒ほどでした。入室後、すぐに後ろ向き(裁判長側からは正面)に座ってしまうので、一瞬確認した顔をすかさずスケッチして、そのあと別室に移動して描きこみ・彩色を行いました。

今回のお仕事では2日間、法廷画を作成しました。

1日のお仕事としては

スケッチ~仕上げ(水彩絵の具による彩色)まで約35分の中で 3枚の法廷画を描きあげました。

その後すぐに全国のニュースで描いたばかりの法廷画が流れたのには驚きました。また、局の方のご厚意により、私の名前も出していただきました。本当にありがとうございました。

 

報道陣の方には、私の制作スピードと完成作品をほめていただき光栄でした。

35分で3枚の水彩画を描いたのは初めてでしたが、美大受験の時に猛スピードで絵を完成させる訓練をしていたのが役立ちました。

また、学生時代はお小遣いを稼ぐために路上で似顔絵描きをしたり、漫画家時代は一晩で原稿10ページほどをイチから描き直したりしていました。

あの当時はただただ必死だったけれど、思わぬところで早描きの経験が役にたったなと感じます。

今回ご依頼くださった皆さま、本当にありがとうございました。