「木からできたブックカバー」を手帳につけてみたら、いっそう愛着がわきました。

新しい手帳が書店に並ぶ季節になりましたね。

私は書店や文房具店に行くと、ついつい新作の手帳をチェックしてしまいます。

それでも今年の手帳は、すでに使っている自作の「バレットジャーナル」を使い込んでいくつもりなので 新しく購入する予定はありません。

 

描き方・絵の具一色とペン一本で描くマリリン・モンロー手帳(バレット・ジャーナル)にスケッチ

*********************

 

でもでも、どうしても。

毎日使っている手帳だからこそ、マンネリになって飽きてくると、つい新しい手帳が欲しくなってしまったりしませんか?

 

そんなとき、

思わぬ散財をしなくても、新しい手帳の気分を味わうことが出来ます。

 

手帳のカバーを替えるんです。

 

********************

 

と、いうわけでさっそく。

 

 

今回、私が選んだのは「木からできたブックカバー」。

木材・パルプを主原料とした生地でできた一枚布のようなカバーです。

 

「ブックカバー」を「手帳カバー」として使ってみたくて購入しました。

自分で手折りするブックカバーです。

制作会社[GROW A PLANT]のHPはこちら

 

 

 

このような感じで。

書店で紙のカバーをかけて頂くときを思い出しながら、手帳サイズに合わせて折って、カバー装着。

 

 

 

 

なんだかナチュラルでいい感じです^^

これだけだと、手帳に必須なペンをさすところもないので

別途 ペンホルダーを購入しました(写真右側)。

 

 

 

 

布製のブックカバー、手触りが暖かくて とっても気に入りました!

 

 

 

手帳のブックマーク(ひも)とも、色がぴったりでした!

 

********************

 

今回は本ではなく 手帳カバーとして使いましたが、

このカバー、とても丈夫!と同時にしなやかで、手になじむ し

きれいなカラーで気分もあがります。

カラーは、

向日葵( sunflower )
紅葉( red )
若葉( green )
銀鼠( grey )
浴衣( navy )

 

の5色展開。

私は若葉(green)にしました。

 

 

可愛いらしい葉っぱのしおりもついてきました^^。

 

新しい手帳を買わずにカバーで対応。しばらくはこのルールでいこうかなと思います。

今の手帳は、せっかく使い込んで味が出てきたので、

このまま継続して使っていきます^^

 

この「木からできたブックカバー」が、このあと使い込んでいくなかで

どんなふうに変化していくのかも楽しみです^^。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です