若い人のおかげで。

30代になりしばらく経ち、心底「良かったなあ・・」と思えることのひとつに

「若さ」の素晴らしさが分かってきた ということがあります。

 

10代・20代は、本当によく解らなかったのです。

なぜ、世間がこんなにも「年齢が低い」ということを特別扱いするのか。

経験値も積んで、人間もまるくなってからの壮年以降のほうが人として魅力的ではないか・・と思っていました。

 

けれども、30代も半ばを過ぎると、じわじわと 自分なりに そのへんのことが分かってきました。

 


 

10代・20代よりも上の世代であれば、

かつての自分自身を、目の前の若い人たちの姿に重ね合わせることが出来るのではないでしょうか。

「私の若いころは、もっとこうだった」「今どきの若いもんは」

などと口では言っても、どこかしらに

自分も通ってきた道を見出せるのではないでしょうか。

 

私は、若くて一生懸命で、ゆえにきれいで、

怖いもの知らずだったり まっすぐだったりする人たちに対峙するたびに

少しずつ自分自身が救われる気持ちになります。

たとえ自分と似てなくても、

私が10代・20代だった当時に周りにいた同世代の姿が重なることがあります。

その時には とにかく必死で、わけもわからずに傷ついたり喜んだりしていたこと・・・

ほとんどはもう 思い出せないくらい遠い記憶になってしまったことまで

再び目の前に 立ち現われるような感じがして 懐かしい気持ちにおそわれます。

 


 

懐古趣味というのでもなく、

もう過ぎて行った時間、その中で生きていた自分たちと

目の前にいる若い人を通して 再会するような気持ちになるのです。

 

若い人たちがいてくれるおかげで、中年となったいまの自分を認めることもできますし

と同時に、かつての自分自身をも認めてあげたくなるのです。

 

・・・そんな理由もあって、

私は 周りにいてくれる若い人たちに感謝しています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です