首都圏から 北海道/函館市近郊 七飯町に移住して「ウェブ環境」が役立ったこと5つ。

 

私は 毎年 5月を過ぎるころから テンションが↑↑↑おかしくなります。

 

なぜかというと、この季節の北海道が まさに「地上の楽園」だから。

 

花々が咲き乱れ、鳥が啼き交わし、海も川も湖も澄みわたり。

山々は青く、空はどこまでも高く、夜には満天の星空。

湿度も低く、カラッとしていて・・・・・そして、

食べ物がおいしい。ビールが美味い。

水も空気も、・・・そう 北海道のすべてが美味しいのです。

(冬も美味しいけれど、気楽に外出できないし 雪かきがあるので、。)

 

 

私は北海道に移住して本当によかったです。

もっともっと、沢山の人が移住してきたらいいのにナと思います。

 


 

 

 

今から7年前 私が神奈川県横浜市から

北海道函館市の近郊・七飯町に移住してきた当初を思い出していました。

移住にまつわるエピソードは色々ありますが、

移住してから1番役にたったもの」はなんだろう?ということに絞って考えてみました。

 

 

首都圏からこの土地に移住して1番役に立ったもの・・・

 

それは「ウェブ環境」でした。

 

(衣食住はもちろん一番大切ですが、それらの目途が立たない状態では

移住も出来ないと思うので>< 今回は、衣食住以外のものをあげました。)

 

 

 

 


 

 

ここからは、私が首都圏から地方に移住して「ウェブ環境」が役立ったこと5つ を書いていきます。(すべて個人的な実体験になります。)

 

 

 

1・知り合いや友人ができた。

私が北海道に移住してすぐに作家としてスタートを切れたのは 函館市内で【Artists】というお店をされていた店主さんのおかげといっても過言ではありません。

この店主さんに色々なことを教えていただき、また函館の素敵な人たちと繋げていただきました。

 

店主さんとの出会いは 北海道移住前の小旅行でしたが、

その後 SNSを通して繋がらせていただき、移住の際にも色々と教えていただきました。

何よりも素晴らしかったのは、こうした店主さんのような人が函館に居てくれたこと!なのですが

ウェブ環境がなければ、せっかく出会っても繋がりを保つことは・・難しかったでしょう。

 

また、実際にお会いする前からSNSで繋がってくださった函館在住の方もいらっしゃいました。

ウェブ環境があったおかげで、リアルでお会いする前にお互いのことを認識し、やりとりができました。

移住者の私にとって ウェブ環境をきかっけに生まれた交流はすばらしいものでした。

 

 

 

 

 

2・魅力的なお店や施設に出会うことができた。

↑に書いたことにも通じますが、新しい土地で生活していくときに大切なのは

その土地で自分にとっての「好き」に出会うこと。

生活は、お金を稼いで生活を回して・・・といった実務的なことだけで成り立つわけではありません。

やはり、好きなこと・好きなもの・好きな場所に出会えば出会うほど、

新しい環境にも、生活にも愛着がわいてくるものです。

その結果、移住生活へのモチベーションが生まれ 色々な面でがんばることが出来ますし

好きなことを通じて 新たなつながりが生まれたりもします。

 

そういう出会いの拠点になるのは、素敵なお店や施設ではないでしょうか。

魅力的な場所には、同じように そこに魅力を感じる人たちが集います。

また、そういった場所を管理されているオーナーさんやスタッフの方達の存在も、とても大きいです。

自分が居たい・行きたいと思える場所って心の支えになりますよね。

 

ウェブ環境があったおかげで 様々なお店や施設に出会うことができました。

 

 

 

 

 

3・ウェブを通して、受注のお仕事ができた。

移住後、すぐに出来るお仕事がなかった私は 都内のデザイン事務所や編集室に営業メールを送ることから始めました。

通いではなく外注の形でイラストレーターや漫画家を募集している事務所や編集室に、作品サンプルとホームページアドレスを添えて営業メールを出し、そのうちいくつかの事務所に登録していただきました。そこから、家電メーカーのウェブサイトで連載されるコミックのお仕事や 書籍のイラストのお仕事をいただきました。

関東に居たころからのイラスト受注も継続できましたし、新たにご紹介でイラストの案件を頂いたりもして・・・ほんとうにありがたかったです;;

制作受注のやりとりは、すべてウェブでやっていましたので

ここでもウェブ環境がおおいに役立ちました。

 

 

 

 

 

・さびしさを紛らわすことができた。

首都圏から北海道への移住は、私にとって初めての大規模な引っ越しでした。

それまでは、神奈川から東京に引っ越す⇒東京から神奈川に引っ越すくらいで

ほぼ、同じような環境に居たので 北海道への移住はけっこう勇気がいりました。

それまでの友人、知人とも離れての新生活めまぐるしくてホームシックになることはありませんでしたが、支えになったのは旧知の友人・知人たちの存在です。

直接は会えませんが、SNSなどを通してみんなの状況を知ることができたし

私からも北海道のようすをお伝えすることで ゆるやかな交流が続き、気持ちが救われました。

 

 

 

・コスパのいい趣味をつくることができた。

このブログは、そもそも「自宅で出来る趣味」としてスタートしています(笑)。

自宅でフリーランスとして働くようになってから、家で出来る趣味を模索するようになり

昨年7の月から こちらのブログを綴るようになりました。(このブログの前にも、いくつかのブログを運営していました。)

サーバーレンタル代金・ドメイン使用料など、少しの初期費用はかかるにしても

楽しめる時間や 付随してくるプラスアルファを考えると これ以上のものはないと思えるほど ブログ運営はコスパがいいのです。

また、こちらのブログにはGoogleのアドセンスを導入していますので

アフィリエイトで発生した収入で維持費をまかなうことが出来ます。

好きなこと・楽しいことにコスパ重視の視点を持ち込むのは ちょっとアレかもしれませんが^^;

 

やはり、無理なく継続できて、プラス的な要素もある趣味を得られたのは ウェブ環境のおかげです。

 

 

 

 

 


 

 

7年前 私の北海道移住は

ウェブから繋がってくださった人たち、場所、に支えられてスタートしました。

昔、手紙や電話(FAX)などが果たしていた役割を

現在 一手に担ってくれるのがウェブだと思います。

 

私は ウェブ環境があったおかげで 生活の変化にも(わりあい)スムーズに対応することが出来ました。

書き出してみると、もはや日常のヒトコマで当たり前のようなことばかりかもしれません。

 

でも、この当たり前をいかに活用するかがとても大事なんだな~と 思います。

 

今後も、今までの流れを継続しつつ

何か新しい流れがきたときには、ウェブ環境やツールも柔軟に使って 活用していけたらいいな。

 

というわけで、

首都圏から地方への移住後はウェブ環境を積極的に活用した というおはなしでした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です