【日記】喜怒哀楽が次々に押し寄せる2018年2月。

 

数十年ぶりの大雪、

あやうい世界情勢、

オリンピックで日本選手たちによる素晴らしい健闘、

そして名俳優の早すぎる旅立ち、、、

2018年の2月ほど喜怒哀楽のはげしい2月は 今まで無かった気がします。

 




 

私個人も、ここ数年間の生活形態が少しずつ変わったり、教室の生徒さんが素晴らしい進路を決めたり、また 色々な場所で再会や遭遇が重なったり。

小さなことから大きなことまで毎日色々なことが起こっています。

今日泣いたら明日笑う、というレベルではなく、1日のうちでも1時間ごとに喜怒哀楽が入れ替わってしまうような、、。

ほんとに、今年の冬はなんなんでしょうか。まるでジェットコースターです。

 

 

 

嬉しいことでも、大きな変化はストレスになるという話もあります。

私が好きな竹久夢二の詩には

「あまり よろこびすぎないようにしませう いたづらな運命に ねたまれぬために」という一節もあります。

いいことも、よくないことも きっと表裏一体で

その出来事をどう捉えるか、その出来事からどういうふうに発展させてゆくのかが

大切なんだろうなあ、、

とりあえず、喜怒哀楽の感情に振り回されそうになったときには

淡々とやる事務仕事や整理整頓、軽い運動やマイペースに出来る家事などの存在がありがたいですね^^

そんなわけで、溜めに溜めていた事務作業を今日は(ちょっとだけ)進めることができました。

だんだん積雪にも、冬の寒さにも飽きてきました(笑)。

今年は数十年ぶりの豪雪だったので、雪解けが本気で待ち遠しいです。

 

 

 

 




 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です